月別アーカイブ: 2016年7月

第11回ロッテ杯~初めての引率~

お久しぶりです!洪道場師範Iです^^
またまた久方ぶりの投稿になってしまいました・・・最近は碁会所”秀哉”のブログを書いております。

7月18日に第11回ロッテ杯こども囲碁教室団体戦が行われました。
洪道場からの出場者はチャンピョンクラスに昂征・聖良・梨香のチームA、航太朗・太郎・和克のチームBが、有段クラスには樹・心温・璃空のチームCが参加しました。
この大会は幼・小・中・高と幅広い年齢の参加が可能になっている大会で周りには高校生チームや元院生上位を有するチームがある中、小学生が多い洪道場チーム・・どこまで通じるか不安もありました。
しかし、蓋を開けてみるとチームBは優勝、チームAは準優勝、チームCは有段クラスで優勝と最高の結果で終わることができました!みんなも頑張ってくれましたが、運も味方してくれました^^
二回戦でAチーム、Bチーム共にプロ棋士の先生が主催している研究室のチームに負けた時は少し優勝は遠いかな、と感じました。
主将で全勝はうちのチームが負けた2チームの子でした、個人戦であれば洪道場はトロフィーを得る事が出来なかったでしょう。しかし全チームがトロフィーを持ち帰れたのは主将が負けても副将や3将が勝ち、副将や3将が負ければ主将が支える!見事なチームワークでした^^
引率は今回が初めてでしたが、生徒が悔し涙を飲む姿や、審判長の寺山先生に積極的に検討をお願いする姿など、生徒の知っていても見る機会の少ない事をこの目でみて色々な事を感じました。

子どもの応援で来ていただいた保護者の方も地下フロアとはいえ長時間の外での応援、本当にありがとうございました。
そして、子供たちにとって貴重な大会を管理運営してくださったスタッフの皆さま、審判長を務め生徒たちの検討もみていただいた寺山先生、先日は本当にありがとうございました。
来年の開催も心より楽しみにしております。その時はまたお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

石音とTV

道場には部屋が全部で五つあります。その中の一つは師範部屋です。最近そこから石音しか聞こえないです。朝から晩まで。泊まっているのは道場出身のプロ棋士ですが最近成績もとても良いし、何よりもその石音で生徒達に無言の教えをしてくれていると私は感じています。本当に感謝しています。私もその石音を聞きながら恥ずかしくなりました。私ももっと勉強をしないといけないとムチみたいにいろいろ感じさせています。何とか時間を作りまた頑張って勉強したいと思います。

7月17日フジテレビで夜9時からHOPEというドラマが始まります。このドラマは韓国で大ヒットした未生というドラマの日本版です。全てをかけて囲碁のプロ棋士を目指していた人がプロの道が挫折して社会に出てからの物語です。会社のことが多いですが囲碁の部分は欠かせない所です。私自身も同じ経験をたくさんしたのでとても感じることが多かったドラマです。ぜひヒットして囲碁に興味を持つ方が増え囲碁界が再び盛り上がって欲しいです^_^私はもうケーブルで予約しました。とても楽しみにしています。

そして今日の深夜1時に碁会所秀策がNHKの72時間という番組で再放送されます^_^私は先週の本番を見ましたが長い時間ずっと碁会所が映っていてとても不思議な気持ち、とても嬉しい気持ちでした。ファンがいてこそ囲碁界が成り立つと思います。囲碁界のみんなが一丸となり頑張りたいです。頑張りましょう!