月別アーカイブ: 2016年5月

非人不傳 不才勝徳

 
 5月22日少年少女東京都代表決定戦が日本棋院で行われました。道場からは和克、太郎が代表になりました。本当におめでとうございます!この日は棋院に朝からずっといましたが、負けて泣く子を見たらとても心が痛かったです。。囲碁は二人中必ず一人が負けます。どれだけたくさん準備したとしても必ずしも勝てる保証はありません。いつも黙々と最善を尽くして、勝っても謙虚に、負けても言い訳を言わず、自分を信じて強くして行くしかないと思います。私自身は小さい時に大会や院生研修の負けのことで父にすごく叱られたことが多かったです。その結果、碁を打つことが嫌になってしまいました。しかし実績も大事なので難しいことですね。ただ成績ではなくその子がどれぐらい普段努力しているのかを見るのが大事ではないかと思います。みんなまた次の目標に向けて精一杯頑張って欲しいです。

 最近とても感謝している先生がいます。道場生のことを気にかけてくださって、先生が院生研修に行った時に道場生の姿勢のことをいろいろ見て頂き私に伝えてくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。姿勢が悪いと言われたのは私の責任だと思います。技術はもちろん教えるものですが、姿勢特に囲碁に対する気持ちをもっとしっかり伝えるべきだと改めて感じています。囲碁がいくら強くても基本的なことが出来なければ虚しい結果になってしまう気がします。その道理を伝えるのは私も未熟な者なので、とても難しいことではありますが一生懸命生徒に伝えて行きたいと思います。

 その先生は昔と違い時代が変わったのかなともおっしゃいました。確かに今の子供達は昔とは全然違う気がします。いま囲碁をしている子供は碁が好きなのは昔と変わりませんが、少子化社会になりみんながとても可愛がられ、兄弟が少なく気遣いや競争(特に食べ物です笑)など生活も豊かで勝負の貪欲さなどが昔と比べ足りない気がします。しかし逆に言えばここを補うようにすれば大きく成長する気もします。

 みんなの成長は希望と生きがいでもあります。道場師範の中では、みんなと一緒に成長して行くことが生きがい、それが楽しいのでこの仕事をしていると言う師範もいます。いつも努力して生徒と一緒に少しでも人間的に魅力があるように、そして強く成長出来るよう頑張ります!

頑張れ!熊本!

昨日も大きな地震がありました。最近地震がずっと続いていて不安な方も多いと思います。熊本県もまだまだ大変だと聞いております。早く皆さんが元気に幸せに過ごして欲しいです。

5月28日第2回秀哉最強戦が行います。当日最強戦で打たれる対局で2半以内の勝負がありましたら一局千円ずつ貯めて熊本に送りたいと思います。私は14時から17時まで指導碁をします。その日の指導碁や秀哉の売上全額を熊本に送ります。皆さんお忙しいと思いますがもしお時間ある方々はいらして1日囲碁も楽しんで熊本県にも皆さんのエールを送ってくださいませんか。少しでも役に立てればすごく嬉しいです^_^

関西棋院でも5月27日13時から熊本チャリティー指導碁、オクション会が行います。指導碁はもちろんオクションでは棋士の色紙や愛蔵する品が出されてお客様がそれを買い、収益の全額を熊本県に送ります。もしお時間ある方はぜひいらしてください。私はその日東京にいて参加出来ず申し訳ないですが、愛蔵する品を送りたいと思います。

みんなの気持ちが一つ一つお集まりそれは大きな力になると思います。どうぞよろしくお願いします。