こども棋聖戦

10月11日(日)に日本棋院で第5回くらしき吉備真備杯こども棋聖戦東京大会が行われました。

低学年の部と高学年の部に分かれて、代表が各部2名選出され全国大会に駒を進める事になります。道場からは高学年の部に慧磨、和克、航太朗、太郎、巴、好喜、佑樹が出場しました。低学年の部には樹、大沢希が出場しました。

低学年の部は、樹が1勝2敗、希は2勝1敗と予選敗退となりましたが、希は枠抜けまであと一歩、樹は負け越したものの小学一年生にして確りと勝ちを手にしたのは、素晴らしいと思います。

高学年の部は、慧磨、太郎、佑樹が三連勝で予選通過!!予選では航太朗が和克に負け、和克が慧磨に負け、好喜が太郎に負け、巴が元道場生の紗良に負けました。予選を通過した4人で対局した結果、慧磨が元道場生の欣鴻を下し東京都代表枠を勝ち取り、太郎が佑樹を下し東京都代表枠を勝ち取りました。いずれも拮抗した対局で東京都の小学生の層の厚さを実感しました。

慧磨は二年連続での東京代表!小学生最後の年という事もあり気合いも充分でしたが、碁の内容はまだまだ見直す所も多く全国大会まで更に研鑽を積んで欲しいです。

太郎は洪道場リーグでも全国大会レベルの小学生と互角の戦いをしていますが、これまでは東京都代表に選ばれた事がなく、悔し涙をのんでいました。最近は不調になる事もありましたが、この日は目を輝かせながら自由にのびのびと打っていました。このあたりが勝因なのかな、と思いました。

二人とも充分に全国で通じる力を持っているので、のびのびと楽しんで打って欲しいと思います。

 

備える事について。

今日は道場から一番近くにある避難場所を見にきました。

天沼小学校です。駅とは逆の方向にあるので、行きは地図を見ながらの歩きでした。建物などを見ながら道を覚えましたが、いざ有事の際には景色も様変わりしてるかも知れないので、おおよその距離や方角を覚えるようには心がけました。たどり着いてみると、校庭も広く、また近くには救急外来もある大きな病院もあり少し安心しました。火災なども考慮して反対方向にはなりますが第二候補の避難場所を杉並第七小学校にします、こちらはまだ下見にいけてないので近々見に行きます。

自分はどちらかと言うと、「来る時は来るのだからその時に考えて行動しよう」と言う何とも無計画?楽観派?ですが。一人身でしたらそれでもいいかも知れませんが、学童を預かる身としては甘いと思い、今回備蓄や避難所について見直した次第です。

備蓄も保存がきくものを用意して、有事が発生した際に少なくとも生徒が困らない程度の備えは確保していきたいと思います。

 

嬉しい報告もあります!芝野虎丸先生が30勝を達成して二段に昇段しました!本当におめでとうございます!また公式手合の連勝記録も7月6日から伸びていて昨日(10月15日)で16連勝になりました!この記録もどんどん塗り替えて欲しいと思います。

交流

道場では交流戦をたくさん行っております。
道場でもたくさん打ちますが、普段打てないいろんな方々との交流戦は本当に良い勉強になります。最近では緑星囲碁学園、外国の方々、新宿囲碁センターとの交流戦を行いました。 交流戦は新鮮な気分でみんなとても楽しんで打ちます^-^今度いつやりますか?など質問もしてくれて嬉しく思います。

緑星囲碁学園との交流戦の後には少し長い散歩(克己訓練)で3時間歩いて阿佐ヶ谷の道場に戻りました(笑)みんな不満を言うと思いましたが意外と良い子達でした。歩くのはとても良いと思います。自分との戦い、そして自分を見つめる時間を持つ事が出来るので私も時々長く歩いています。以前は入段試験を控えた子と一緒に東京から千葉や横浜、大宮まで歩きました。8~9時間かかりましたが、目的地に着いたら何かが強くなった気がしました。 
歩いてる間は水の大切さなど普段感じないことをいろいろ学べる気がします(笑)これからもそういうイベントは時々やっていくつもりです。

IMG_2695

ネットでは現在三つの交流戦を行っています。方式はいろいろやっていましたが最近は勝ち抜き戦(連勝戦)をしています。台湾の海峰棋院のプロ・院生達と1時間60秒で8人対8人、京都立命館大学と1時間30秒で10人対10人、名古屋の趙道場と30分40秒で8人対8人で行っています。いろんなトラブルもありますが何とか楽しくやっています。

子供達もこういう交流戦を通して勝負呼吸を学んだり、経験が豊富になっていく気がします。もっと逞しくどんな状況でも自分の力を発揮できるようにしていきたいと思います。そういう交流の場を作るのが私の役割でもある気がします。

子供達の交流の場が少しでも増えればと思い「育成会」を作りました。今年の11月で31回目になります(年に7~8回行っております)とても早いですね!応援してくださる皆様のおかげだと思います。本当にありがとうございます。育成会の卒業生では院生や学生大会で活躍する子供もたくさんいて嬉しく思います。今度からもっとたくさんの子供達が交流出来るように「級の部」が出来ました。以前はアマ初段からの参加資格にしていましたが、級位者の子供達の交流の場をもっと増やすつもりでオープンしました。もっと楽しくそして礼儀正しく1日たっぷり勉強出来るようにしていきたいと思います。

10月も交流戦が二つあります。
5日は中国の孟泰齢先生と子供達15人が来て道場で交流戦をします。12日はアマ強豪がたくさんいらっしゃる多岐技会との19人対19人の団体戦を行います!!楽しみいっぱいです。みんなが楽しむイベントをこれからも続けていきます!