月別アーカイブ: 2015年8月

夏期特訓~夏バテ編~

暑い日が続いていますが道場では外に負けない熱のこもった真剣勝負が連日行われています!

夏期特訓に入りプロ・アマを問わず沢山の碁打ちがいらっしゃいます。囲碁道場ですので当たり前と言われればそうかもしれませんが、そういった方々の多くは生徒たちと碁盤を挟んで時間のゆるす限り打っていかれます。本当にありがたく感謝に堪えません。

囲碁は個性がとても出るので同じ棋力の者同士でも意見が分かれる事が多いです、プロ試験は外来予選から本戦まで沢山の受験者がいるため普段打てない相手との対局はこれ以上ない宝です。

夏期特訓も今日をいれてあと3日!自分が夏期特訓を通じて再認識できた事はオン・オフの切り替えが非常に大切だと言う事です。ボーッと勉強している生徒の10時間よりも、自分で考えこのままじゃいけないと思い集中力をたかめている生徒の3時間の方が伸びます。まだ3日ありますので、夏期特訓が終わるまでそれぞれ目標をもって頑張って行きましょう!

 

アマチュア本因坊戦\(^o^)/

8月22日、23日の2日間に亘り、第61回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会が市ヶ谷の日本棋院で行われました。都道府県予選を勝ち抜いた代表者55名に招待選手9名を加えた計64名が優勝を争いました。                                       強豪揃いの厳しい戦いが続く中で、洪道場生の芝野龍之介が見事に優勝を果たしました! 本当におめでとうございます!今年のアマ名人戦での全国準優勝に続いてアマ本因坊戦まで優勝してしまうとは本当にすごい事だと思います。ひたすら続けてきた努力が次々と結果に表れてますね(^o^)丿                                              今回のアマチュア本因坊戦は4位までに10代が3人、20代が1人と若い方々の活躍が目立った試合でした。最近はプロの世界だけではなく、アマチュアでも若手のレベルが全体的に上がってきている気がします。                                         日本が韓国や中国を相手に互角以上に戦えるように、日本囲碁界全体が活気づいていければと思います。

自主性

 8月2日から5日まで小中団体戦や少年少女名人戦が行われ日本棋院は毎日大変賑やかでした。小学校団体戦では慧磨の台東区立忍岡小学校が4位になりました。本当におめでとうございます!全国4位はとても立派な成績です。慧磨も主将として精一杯戦ったと思います。

 少年少女名人戦では陽輝が優勝!航太朗が準優勝!佑樹が4位!聖良5位!でした。3位の欣鴻も道場で一緒に勉強していた仲間なのでみんな本当に頑張った結果だと思います。本当におめでとうございます!これをバネにもっと強くなって欲しいです。まだまだ上には強い人がたくさんいますので、天狗にならず気を引き締めての日々の努力が大事だと思います。

 少年少女大会を二日間、見学に行きましたが本当にたくさんの強者がいました。地方などで東京、名古屋、大阪に比べるとどうしても環境が整っていない地域の子供達のなかにも本当に強い子がたくさんいました。目もキラキラしていて活気があって良いなと思いました。自分で何とかする、頑張る、考えるそういう気持ちがとても伝わって来ました。

 タイトルにも書きましたが最近「自主性」ということをもっと深く考えるようになりました。本当に強くなる人はどういう人なのか。よく自分自身にも問います。結論は一生かかるかも知れませんが、現在至った結論にはやはり「心から好きで自らやっていく人」が一番強い気がします。誰かの指示や監視で動いては身にもなりませんし、本当のトップには程遠いでしょう。

 自分は何がしたいのか。それを叶えるためにはどうすればよいのか。真剣に考える人だけが真の強者になると思います。教える側としてもあまりたくさん教えてはいけない気がします。もちろん基礎はしっかり教えなければいけないと思いますが、後は本人がもっといろいろ欲しがるような勉強雰囲気を作り、導いていくのが大事だと思います。「魚を捕って与えるのではなく魚を釣る方法を教える」それがポイントな気がします。時には黙々に見守ってあげることも大事だなと感じています。

 道場の子供達はほとんどが囲碁好きで頑張る気持がありますが、ただ道場に頼り過ぎるのではなく今できる勉強、一番良い方法を常に考え勉強をして欲しいです。積極的に取り組めず恵まれた環境をあまり活かしていない子供達を見ると時々心が痛いです。私は囲碁が強くなるためにはただ囲碁勉強するだけではなく、掃除はもちろん家事など一般生活の事でたくさん習える事がある気がします。親への感謝、周りへの配慮、食べ物への感謝、物への感謝など普段当たり前だと思っていることが、実はそういう訳ではないと分かってから全体的に成長するのではないかと思います。親が子に何でもしてあげようと思って、むしろそれが子供の成長を防ぐのではないかと思うようにもなりました。
 
 もっと自分で考えて頑張れるようにしていきたいです。道場にはたくさんの先輩や囲碁資料があります。それを積極的に活かして勉強すれば今よりもっと強くなると思います。秋のプロ試験が始まっています。健康に気をつけながらみんな精一杯頑張りましょう!