里菜おめでとう!

第1回会津中央病院杯で里菜が優勝しました。本当におめでとうございます!!
プロになっても努力を怠らず、毎日のように研究会で勉強したその成果が出たと思います。歳はまだ若いですが、心は立派な勝負師だと思います。自分を鍛えて行く能力、努力には本当に感心します。少し前の話ですが自ら携帯の連絡アプリを消してまで自己管理をするのをみてどれぐらい徹底的に勝負をしているのかが伝わって来てとても嬉しかったです。誘惑に負ける人が多い今、本当にすごいなと思います。

里菜と13路盤で打ったり詰碁を解かした10年前を思い出します。。本当に早いですね。里菜は詰碁が大好きです。そのヨミの力があるので里菜はこれからももっと伸びて行くと思います。これからも気を引き締めて男性棋士をたくさん倒してリーグ入りを目指して欲しいですね。里菜ならきっと出来ると信じています。これからも精一杯頑張ってください!

台湾からのお客さん

先週水曜には台湾からたくさんのお客さんがいらっしゃいました。
台湾の大安囲碁専門学校の学生21人と先生や保護者の方々がいらして道場が一瞬でいっぱいになりました。平均棋力5~6段だったのでその日にいる道場生が総出動して戦いました。21VS21で2~4局ずつ打ちました。言葉は通じなくても対局申込、検討が出来るのを見たらやはり囲碁は素晴らしいな~とやはり「手談」だと改めて感じました。道場生のみんなは久しぶりな交流戦を楽しんでいて囲碁を通して話が出来る、貴重な経験をしたと思います。遠い所までお越し頂いた大安囲碁専門学校のみなさんに心から感謝します。また来てください!

対抗戦検討

道場には第1・3・5の金曜にある洪道場研究会があります。研究会にはプロ棋士、院生、外来が参加して個人戦と団体戦を兼ねて対局をしています。最近は研究会参加プロ棋士が打った手合の碁を検討してからメイン対局を始めています。この検討がけっこう面白くて、みんなの素直な意見を聞く事が出来て私はもちろんみんなとても勉強になっています。先週の金曜は第16期研究会の最終日でした。雨がすごくて心配していましたが、みんな来てくれて涙があふれるくらい嬉しかったです。みんなのその気持ち本当にありがとうございます。これからも一生懸命勉強して囲碁界でみんな活躍して欲しいですね。

今日はゆうちょ杯の中継が幽玄の間でありました。道場出身プロの対決を見ながら何か不思議な気がしました。ゆうちょ銀行や大会関係者のみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。今の時代に囲碁を応援してくださるのは本当にありがたい事だと思います。囲碁界はスポンサーやファンを大事に頑張らなければいけないと思います。私もいろいろ考え一つずつ実行して行きたいです。これからも精一杯頑張ります!