みんなの目標

今年もあと10時間くらいですね。とても早かった一年でした。
いろいろ反省も多かったし、良い嬉しい事もたくさんありました。

道場を始めてから決めた事があります。途中で休まず、諦めず
まっすぐ歩く、死ぬまで全力を尽くして行こうと決めました。
みんなと一緒に勉強する事、夢を達成して行くのがとても幸せです。
みんなに出会ったの心いっぱい感謝しています。

道場出身のプロアマ棋士がたくさん出て未来の囲碁界を支えて
欲しいなと思います。私自身も役に立てるよう精一杯頑張ります。

年末にみんなの目標を聞きました。プロになった道場生はほとんどが
「リーグ入り」「新人王」「世界大会本戦」「若鯉」「本戦入り」など
はっきりとした目標を秒速(笑)に答えてくれました。流石!

私も「みんなより早く七段になりたい」な~と言ったらみんな微妙な
微笑みを見せてくれました(笑)

アマの道場生は「入段」「都県代表」「全国大会制覇」「院生A!B!」
などたくさんありました。ただ強くなりたいという気持ちより、頭で描く
明確な目標が良い気がします。明確な目標がある人は他人より努力も
するのできっと達成できると思います。

みんなの目標が一つでも多く達成出来るようにみんな一丸となって頑張ります。

今年も本当にありがとうございました。
来年も目標に向けて全力で頑張ります!

皆様の目標もたくさん達成出来て
いつも健康で、幸せな事がたくさんあって欲しいです。

皆様、良いお年をお迎えください。

伊了おめでとう!

14~15日倉敷市で吉備真備杯子供棋聖戦の全国大会が行われました。
道場から伊了と武井太心が高学年部に参加して、優勝と3位をする事が出来ました。
本当におめでとうございます!!二人はとても仲も良くて一緒に試合も行くし、勉強も
喧嘩(対局)もします。親友との決勝もあったのでドキドキしながら連絡を待っていました。
決勝は幽玄の間で中継していたので道場で指導しながら時々見ていました。
やはり自分の碁よりも緊張しますね(苦笑)
高学年部の優勝者は井山棋聖との記念対局があります。井山棋聖とはプロ棋士でも
なかなか打つチャンスがありません。私も打てるようにもっと頑張ってみます(笑)
伊了の元気いっぱいな攻撃を見ながら何だか嬉しかったです。しかしやり過ぎ。。
負けそうだな。。大丈夫かな。。いろんな考えもいっぱいでした。でも何よりも
日本一の先生を相手に怯えず頑張るその姿、それがとても良かったなと思いました。
結果は井山先生の華麗なかわし技でボコボコされましたが、とても勉強になったと
思います。二人共、次の大会に向けてまた頑張りましょう!

一つ提案がありますが、もし出来るなら来年はぜひ低学年の優勝者にも棋聖に習う
チャンスを与えて欲しいと思います。多分とてもとても打ちたいと思います(笑)
特に今年低学年部優勝の酒井君はとても強くて高学年でも充分戦えるレベルです。
棋聖も2面ならもっと楽しく、スリル満点な時間を過ごせると思います。
見るファンももっと楽しめる気がします。もし出来れば本当に良いですね。
ご検討よろしくお願いいたします。

良い勉強の機会を作ってくださいまして、子供棋聖戦の関係者の皆様に
とても感謝しております。本当にありがとうございます。
私も子供大会から碁の楽しみ、目標を持つ事が出来ました。
こういう良い大会がもっと多く増えて欲しいと心いっぱい願っています。

次の大会を向けてまた精一杯準備します。

42

「42」という映画を見ました。
私は映画がとても好きで本当に何もない時は映画館で朝から夜まで見た事もあるぐらい大好きです(苦笑)映画はドラマとは違って短い時間にストーリーをまとめて観客に伝えなければいけないので編集がとても大事だと思います。このまとめる力は囲碁ともつながると思います。

「42」は野球映画でした。ジャッキー・ロビンソンという選手の物語です。
とても感動でした。ずっと泣いてしまいました。映画は感動的で私にはものすごい伝わる事が多かったです。一人が成功するまでどれだけ大変な事が多いか教えてくれました。ジャッキー・ロビンソン選手は黒人で白人の人種差別を乗り越えて黒人初のメジャー野球選手で数々の実績を残しました。我慢、努力、孤独、歓喜。。涙と汗を流しながらひたすら頑張る彼を見て言葉に出来ない感動をもらいました。しかしそれ以上感動をくれたのはジャッキー・ロビンソン選手をメジャー選手にデビューさせた当時ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーさんでした。誰もしていない道を開こうと必死に戦うリッキーさんを見ながらいろいろ感じました。自分の判断が正しいと信じて全力で実行して行く行動力、その信念と力は本当に凄かったです。大好きなハリソン・フォードさんが演じてもっと気持ちが伝わりました。

成功するためには他人と同じ事をしてはいけない。自分だけできることをみつけ全力で頑張る事。囲碁でも一流になる人は特別に強い特殊能力(布石、戦闘、ヨセなど)があります。

ジャッキー・ロビンソン選手が残した言葉です。
「他の人々に影響を与えてこそ人生は重要なんだ」

今の若者達は楽に何かを欲しがる傾向があります。四六時中、自分が何をしたいのか、どうすれば良いのか考えたあと頭が狂うほど頑張るべきだと思います。どんな分野でも自分がしている分野では誰もが認めるようになるのが大事だと思います。
私も努力を怠らないでまた次の目標へ向かって頑張ります。