月別アーカイブ: 2013年3月

検討

道場では対局が終わったら検討をします。昔は検討を怖がる子もいましたが今は
「先生!検討してください!」と元気よく言ってくれています。とても嬉しいですね。

検討は囲碁が伸びるために必要な勉強です。検討をする時は単に聞くよりはお互い
話をしながら意見交換が大事だと思います。私の場合はよく「形勢はどう?」「どっちが良い?」などみんなに聞く時が多いです。みんなの答えは一致しない時も多いですが、それが囲碁の魅力ではないか思います。検討をしながら間接的にたくさんの碁を吸収できるのでこんなに良い勉強はなかなかありません。対局したのは記録をして、いろいろ考えながら並べてみるのはとても勉強になります。

子供の頃「他人の碁よりまず自分の碁をたくさん並べてね」と教えてもらいました。なるほどと思いました。相手と戦う前にまず自分自身を知るべきです。たくさん並べて反省して同じミスをしないのが大事だと思います。

今日は手合いがありました。終わったあと、相手の先生にいろいろ質問しながら検討をしました。負けたけどいろいろ自分の疑問を聞く絶好の勉強機会だと思います。子供の頃には自分に怒って検討しない時もありましたが(苦笑)段々そういう時こそ習う機会というのを分かりました。その後、自分を負かしてくれた相手に大変感謝しています。一生勉強しないとですね。

もうすぐ春特訓です。精一杯頑張ります!!

3月11日、ゆうちょ杯、オールアマ

3月11日は2年前大震災があった日です。
たくさんの方々が亡くなりとても心が痛い日です。
被災地のみなさんの事を思うと胸が痛くて言葉に出来ません。
みなさん、頑張ってください。いつも心から応援しています!

3月10日ゆうちょ杯東日本代表決定戦がありました。

工藤義也 伊 了が代表になりました。
おめでとうございます!全国大会でも全力で戦ってください!

ゆうちょ杯は中学生と小学生が一緒に戦うので代表になれるのがとても難しいです。
道場からも代表を目指してたくさんの子が参加しましたがたくさん泣いてしまいました。
涙を流す、心で泣くというのはそれぐらい気持ちを込めて打った証拠だと私は思います。
その涙を忘れずまた一生懸命勉強して頑張りましょう!

日本棋院の2階ではオールアマ団体戦がありました。たくさんの強チームが参加して
とても熱戦でした。道場からは2チームが参加しましたが惜しくも優勝は出来ませんでした。
監督として反省していたのは3回戦が終わった時に、もっと気を引き締めるような言葉をかけたら
良かったなと思いました。試合で優勝するためには試合が完全終了するまではひとつひとつ
行動に気をつける必要があるからです。終わったらいろんな事が浮かびました。

Bリーグに参加した洪道場チームは小1~小3の子どもでした。姿勢などで気になる点も
ありましたが最後まで精一杯戦ったと思います。昨日の戦いがきっと成長につなかったと
思います。まだまだ足りない子ども達を暖かく見守ってくださった審判長の大木先生
参加者の皆様に本当に感謝しております。これからも精一杯頑張ります!

おめでとうございます!

昨日嬉しい連絡がありました。

千葉の趙治勲杯で慧が準優勝!!
埼玉の朝日ジュニア名人戦で義也が準優勝!!

本当におめでとうございます!もちろん優勝を逃したのは惜しいですが
日頃の努力があってできた事だと思います。次のゆうちょ杯に向けて
良い経験になったと思います。精一杯準備して頑張りましょう!

持ち時間が短い試合では布石が大事です。特に黒番ならどうやって
主導して行くのが良いのか事前に考える必要があります。試合に勝つ
ためには徹底的な準備(勉強・体調・メンタルなど)が必要です。
道場生の中には「相手の名前だけで意識して負けてしまう」子もいます。
相手が誰かは重要ではないです。ただ碁盤にだけ集中して自分が
持っている能力を出し切る、正しい姿勢で集中する事が大事だと
アドバイスしています。これからたくさんの大会があります。

みんなと一緒に同じ目標に向けて精一杯頑張ります!