おめでとうございます!

昨日嬉しい報告がありました。

日本棋院で行われた東京都中学囲碁連盟大会で馨が優勝しました。

東京都中学囲碁連盟大会

優勝 中澤 馨  準優勝 小長井 優

決勝は半目だったようです。とても激戦だったでしょう。棋譜が気になりますので
今度来たら検討したいと思います。本当におめでとうございます!!
負けたけど優は最近良い成績を収めているので次の大会に向けて
また準備し頑張って欲しいです。大会は頂上まで一度だけ登ればまた登りたくなるので
努力もするし強くなります。その一度のために普段の勉強が大事でしょう。

私は小さい頃には自分に勝った人やライバルをとても警戒する事が多かったです。
しかし段々それは意味ない事に気付きました。強いライバルがいてこそ自分も強くなると分かりました。特に私は家の事情で独学で勉強する時期もありましたがその時はまさに私を負かしてくれる相手が大事な先生でした。その対局を何度も検討して今度どうすれば勝てるのか必死に努力、準備しました。プロの棋譜を並べるのも大事ですがまずは自分の碁を並べてもっと知るべきだと思います。強くなりたいなら考えを広くいろんな人と交流、戦える事が大事だと思います。碁の世界で勝ち負けはいつもの事です。昨日より今日、今日より明日、毎日発展するのが大事でしょう。

井戸の中の蛙にならないようにいつも心がけています。

 

ご飯を食べなくても。。

この間、道場生のために本を買いました。引越した阿佐ヶ谷にはいろんな店が多くて
市ヶ谷とは大分雰囲気が違います。夜にみんなを駅に送ってから、帰りに時々寄る
古本屋があります。そこには囲碁の本も私が好きな小説など当然ですがたくさんあります。
そこで宝物を発見して夜中に涙を流しました。「寂しかったろう。こういう所でいたのか。
うちに一緒に帰ろうね」と本に話しかけました(笑)

洪道場の書籍

 

その宝物は「現代囲碁大系」シリーズ。48券全部揃っていてびっくり!!値段もびっくり!!
翌日即買いました。早速、道場生に並べるのをお勧めしました。早速借りて見る子がいて
とても嬉しかったです。本はやはり見てくれるのが一番だと思います。

私は韓国で囲碁を勉強をしましたが日本の棋譜で勉強しました。その時並べた呉清源先生
藤沢先生、坂田先生、高川先生などたくさんのヒーローの碁が今でも頭のなかで流れています(笑)
その時の観戦記は素晴らしく小説よりも面白かったですね。今はその時代と比べて棋譜集が
足りない気がします。「現代囲碁大系」を生徒達と両手で持って道場に戻りながら楽しかったです。
ご飯を食べなくても良いくらい気分が良かったですね(笑)好きな誰かを待っているドキドキな気持ち
ワクワクする気持ちを久しぶりに感じました。

今の子供達は昔の棋士の偉大さをよく知らない気がします。今の形は昔の棋譜から生まれた事を
知って欲しいです。道場の子供達がぜひ本を見ていろんなスタイル、気迫、歴史を勉強して欲しいです。

「温故之新」この言葉通りだと思います。

お母さんの気持ち。

大雪が降った日、韓国のお母さんから電話がありました。

雪がたくさん降ったと聞いたが大丈夫?     はい!大丈夫ですよ。
寒いでしょう。暖かく着て出かけてね!      はい!もちろんです。
お前は鈍いので転ばないように気をつけてね! はい!分かりました。
ご飯はたべた?何か郵便で送るか?など

私のお母さんは心配が多いです(笑)しかし当然かも知れませんね。
私がもう歳が31になり息子もいるおじさんなのにも関わらず子供に見えるようです。
お母さんの気持ちはそうですよね。息子、娘が何歳になってもまだまだ未熟な
子供に見えるかも知れません。

最近長い時は朝10時から夜11時くらいまでに検討や指導する時があります。
それでも元気なのは教える、そして一緒に勉強するのが好きなのもありますが
お母さんが元気に産んで育ってくれたおかげだと思います。本当に心いっぱい感謝しています。

道場生に時々「美味しそうな弁当だな。うらやましい!お母さんに弁当ありがとう」と言っているの?
と聞く時があります。いいえ。という答えが多いですが(言うのが恥ずかしいようです)
「早朝起きて弁当作るのは○○ちゃんを愛する気持ちがいっぱいだから出来るんだよ。」と言います。
いろいろ当たり前に見えるかも知れないが、みんながいつもお父さん、お母さんに感謝する気持ちを持って、少しでも表現する心が温かい人になって欲しいです。

「お父さん、お母さんへの恩恵は山のように高く、海のように深い」という韓国の言葉があります。

お母さんありがとうございます。お母さんに会いたいですね。。

もうすぐ始まります。

毎年この時期に女流プロ試験本戦が始まります。
今年の本戦は9人で戦って、1人だけプロ棋士になれます。
日本のプロ試験はとても厳しく女流は1人しかプロになれないです。
ちなみに韓国、中国の女流試験では1年に2人ずつプロになれます。

本戦には道場から4人が参加します。みんなと一緒に勉強しているし、一緒に準備して来たので
先生としていつもこの時期複雑な気持ちになります(苦笑)ただ心いっぱい応援するしかありません。

敏感な子は試合前に眠れない日も続きます。胃痛や頭痛は普通でしょう(笑)
もし答えがあるなら、必死に覚えて書ければ良いのですが、プロ試験はライバルに勝たなければ
いけないのが本当に難しいです。

これから5週間一緒に笑って一緒に泣いて最後まで頑張るしかないですね。
それから女流アマ、ゆうちょ杯、院生の春のプロ試験などみんなの夢が少しでも
叶えるように一緒に最善を尽くします。

プロ棋士を目指す道場の女の子達に良く言う冗談があります。
「女流は1年一人プロになるだろう?○○ちゃんの道場序列なら10年かかるね
10年後何歳だ?順番待ってたらおばさんになってしまうよ(笑)」と。。

女流棋士は男子とは違って普及やいろんな分野でたくさん活躍できます。囲碁界がもっと活発になるためには女流棋士の力が絶対的に必要だと思います。韓国でも女流棋士達が町での囲碁普及、軍隊への囲碁普及などでたくさん活躍しています。囲碁界もどうすればもっと良くなれるのか、宣伝のプロを招聘し本気で習うべきだと思います。上手くマ―ケティングして囲碁界がもっともっと発展して欲しいですね。

130110a

 

130110b

あけましておめでとうございます!

今日から2013年度の道場勉強が始まりました。

みんな朝から掃除をしてとても熱心に勉強する姿が嬉しかったです。
挨拶をしたあと休みの時の事や新年目標などみんなと話しました。

自分の全てをかけて戦う!それでやっと夢が叶えると思います。
中途半端ではなく全てをかけて頑張ります!

昨日ジュニア囲碁パーク大会がありましたが、嬉しい報告がありました。

ジュニア囲碁パーク

 

工藤義也 小学生部 優勝!

小長井優 中学生部 優勝!

中澤馨 中学生部 3位!

そして田中佑樹が初段戦で5連勝して2段免状をもらいました!

みんな本当におめでとうございます!!道場生同士の対決もあったと聞きましたがそれは仕方ありません。試合に出たら全力で戦い勝つのが大事です。負けた人は悔しい思いを忘れず、また次の大会に向けて準備が大事だと思います。大会はとても楽しいイベントです!頑張りましょう!