人のために生きる

一週間ほど前に雪がたくさん降りました。世の中は真っ白で久しぶりな雪で嬉しい気持ちもありましたが、道が凍ったらどうしようという心配な気持ちもありました。明日朝は雪かきだなと思っていました。

夜、師範二人がいなくなりどこ行ったのかなと思ったら二人が道場の周りや大通りまでの道を作っていました。明日周りの人々が出勤する時、楽に行けるように道場生が滑らないように二人は黙々とやっていました。その気持ちとても嬉しかったです。

人のために生きること、とても大事だと思います。今の世の中には自分だけのために生きる人があまりにも多いです。少しでも役に立つ人として生きたいです。そう願います。

昨日は日帰りで大阪に行って来ました。恩人の永井先生の永究塾出身100段突破の祝賀会に参加するためでした。永井先生は関西棋院の副理事長として長年棋院を支えてくださっています。先生は今から30年前に関西棋院の棋士になるために地方や海外から来る志望生のため寮を作ってくださいました。先生の物心両面での支えがあったのでたくさんの棋士が安心して勉強が出来たと思います。本当に心いっぱい感謝しています。先生がいつまでも元気でいて欲しいです。

私も先生のように変わらない心を持って生きたいです。精一杯頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です