井の頭公園囲碁遠足

私は公園が好きで時間さえあれば行き歩きます。人は自然にもらうばかりで、大事にしてないのではないかと時々思います。地球に我々が何か出来ることがあれば嬉しいですね。

5月5日に井の頭公園に囲碁遠足を行きました。子供達がいつも囲われた建物の中でしか対局してないので、自然の中で打つのを感じて欲しかったです。対局は13対13の団体戦にしました。勝った方はボートに乗れる特権!(笑)一生懸命戦ったあとはみんなでボートや動物園、散策など普段出来ないことをしました。たまには木陰で本を読んだりぼんやり空を見たりそういうことも大事だと思います。心の余裕が出来てから、いろんな発想も出来る気がします。

対局していたら井の頭公園100周年記念でたくさんの方々が通りながら我々を見てくれました。
囲碁やってる!あれ囲碁でしょう!オセロだ!

いろいろ聞いて嬉しかったし、悩み、そして新しいアイデアも出来ました^_^まず皆さんがたくさん通る所で囲碁をする、入門講座なども作り「囲碁」というのを自然に認識してもらうこと、その後は日本の全公園に冬以外にはいつも打てる囲碁将棋の場を作っていつでも見られる日本文化にしたらどうかと思いました。

近くで見て頂いた方々と話しましたが、囲碁を打つ子供に興味が深く、真剣に静かに打つ姿がとても良いと仰いました。知的に見えるのは囲碁の魅力の一つだと思います。もっといろんな部分を考えて素晴らしい囲碁、将棋の伝統文化を皆さんに伝えたいですね。楽しんでくれるファンが増れば囲碁将棋界はもっと明るくなると思います^_^みんな力を合わせて頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です