囲碁振興法

韓国は最近大統領をやめさせるデモが毎週のように行い国が不安定ですね。私は韓国人として不安もあって、何より恥ずかしいです。大統領、つまり王なら上手くいかなかったら責任を持って自ら降りるべきです。周りから引きずり降ろされるのは情けないですね。。

複雑な時ではありますが曺薰鉉九段が勇気を出して「囲碁振興法」を国会に提案しました。曺先生は比例代表で国会議員になり現在議員として働いています。囲碁が法律で守られもっと多くの方々に伝えやすくなれれば、それ以上嬉しいことはないと思います。囲碁は特に集中力、忍耐力、想像力、計算力などを鍛えるゲームの王です。性別も歳も国籍も関係なく楽しめる平和なゲームです。12月5日国会であった会議では法律を通し囲碁を子供達に、もっと普及していきたいと話していました。ありがたい話しです。

韓国プロ囲碁界は大変な危機です。タイトルが19から10まで減りました。それはファンとスポンサーが離れたからです。なぜ離れたんですかね。それは自分だけ(プロ)考える行政をしたからでしょう。ファンとスポンサーの方を考え動くべきです。

「危機」危険と機会は一緒にあります。今からでもよく考えて頑張れば、必ず機会が来ると思っています。日本囲碁界も隣の韓国を見て気をつけるのは気をつけて成長して欲しいです。青春を捧げてプロになったのに、戦い場がないのはどれくらい悲しいことですか。。

私が大好きな稲盛和夫先生が仰る言葉があります。「世の中のために、人のために、最善を尽くせ」「利己ではなく利他で生きろ」と。全く同じ考えです。

棋士は愛される分、ファンとスポンサーに愛を返すべきです。

ブログを書いていたら子供棋聖戦で道場生の航太朗が高学年優勝をしたと連絡ありました。本当におめでとうございます^_^低学年と高学年制覇はすごい記録です。道場では川口飛翔が達成しています。子供棋聖戦では優勝者がプロ棋聖と打ちますが井山先生がお忙しいようで2年連続打てなくなりました。とても残念です。

囲碁界の第一人者なら子供達に希望と夢を与えて欲しいです。高学年ではなく低学年も一緒に2面打ちしたら囲碁ファンがすごく喜ぶと思います。一年間待っている子供達を考えたら残念で仕方がありません。もちろん明日天元戦のためだと思いますが、隣の兵庫県ですので記念対局してから行っても間に合うと思うし、みんながもっと尊敬する棋士になると思います。

企業も利益があれば社会に還元する義務があります。人も才能があればそれを使い社会に還元する義務があります。

囲碁界がみんな一心で頑張って欲しいです。切実に願います。。

囲碁振興法」への1件のフィードバック

  1. 囲碁ファン

    洪先生
    ブログいつも楽しく拝見しています。
    井山棋聖が小学生優勝者と二面打ち!考えただけでワクワクしますね。
    参加する低学年の子供たちも大喜びでしょうし、最近小学生のレベルも
    上がっているように思えるので、二面打ちだとひょっとしたら井山さんに
    どちらかは勝ってしまうのでは、、、いや流石に井山さん相手にそれは
    ないか・・・といろいろ妄想しているだけで楽しいです。

    ただ、今はあまりに井山さんに負荷が集中しているように思います。
    次の若手が伸長し、もっともっと井山さんを脅かし、国際戦でも結果を出せる
    様になってほしいですね。タイトル戦に絡んできている若手もいますが、個人的
    には「竜」「虎」に勝手に注目しています。強さだけでなく、ファンに訴求できる
    キャラクターも持ち合わせているかと。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です